野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 打者・大谷翔平に高まる期待 「2019年に見たいことトップ10」で2番目に登場

打者・大谷翔平に高まる期待 「2019年に見たいことトップ10」で2番目に登場

昨年10月初旬に右肘内側側副靭帯の再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた影響で今季は打者一本となるエンゼルス・大谷翔平投手。メジャー開幕を控える米メディアからは「2019年シーズンに最も見たいことトップ10」に堂々選出された。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米メディアが「フルタイムの打者としてのショウヘイ・オオタニ」を選出

 昨年10月初旬に右肘内側側副靭帯の再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた影響で今季は打者一本となるエンゼルス・大谷翔平投手。メジャー開幕を控える米メディアからは「2019年シーズンに最も見たいことトップ10」に堂々選出された。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昨季はメジャー挑戦1年目で二刀流センセーションを巻き起こした大谷。打者専念となる新シーズンも早くもメジャー10大ニュースに選出されている。

「2019年シーズンに我々が最もワクワクしている10の事象」と特集したのは米メディア「ザ・リンガー」。激化の一途を辿るナ・リーグの覇権争いに次いで米国の野球ファンを熱狂させるのは、5月復帰が見込まれる大谷のバットだという。「フルタイムの打者としてのショウヘイ・オオタニ」が特集の2番目に登場する。

「確かに、ショウヘイ・オオタニは二刀流選手の方がよりエキサイティングだが、(半分ではない)他の選手と同じくらい魅力的だ」

 特集ではエンゼルスのスラッガーをこう絶賛している。昨季はメジャーへの適応に加え、打撃フォームの改造、登板日の合間の打者としての起用、そして、右肘靱帯損傷など様々なハードルに直面した大谷だが、圧巻の活躍で見事にア・リーグ新人王に輝いた。

「エンゼルスは5月までオオタニを起用できないかもしれないが、彼が戻ってくれば、彼が毎日ラインナップでどれだけのことを成し遂げられるのか見いだすことができる。身体的な全盛期に近づく中、トミー・ジョン手術のリハビリだけが彼の打撃のルーティングを困難にさせる。ルーキー時代の色々な悩みが解放されれば、彼の才能をより明確に認識することができるのだ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」