野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2142日ぶり1軍登板を果たした鷹・川原 「特別な思い」で見守った同期との間にある絆

30日にヤフオクドームで行われた西武戦で、2142日ぶりに1軍のマウンドに立ったソフトバンクの川原弘之投手。2015年オフの育成契約移行から、4年ぶりに支配下に復帰した左腕にとって嬉しい瞬間を迎えた。

ソフトバンクの川原弘之(左)と今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンクの川原弘之(左)と今宮健太【写真:藤浦一都】

30日の西武戦で1軍登板を果たした川原、遊撃から声をかけた今宮

■ソフトバンク 6-5 西武(30日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 30日にヤフオクドームで行われた西武戦で、2142日ぶりに1軍のマウンドに立ったソフトバンクの川原弘之投手。2015年オフの育成契約移行から、4年ぶりに支配下に復帰した左腕にとって嬉しい瞬間を迎えた。

 2013年5月18日の阪神戦以来となる1軍登板は、走者こそ背負ったものの、1イニングを無失点。プロ初ホールドを記録し、試合後には柳田悠岐とともに、ヒーローインタビューでお立ち台に立った。

 2142日ぶりにマウンドに上がった川原の後ろから、特別な感情を持って見守っていた男がいた。ホークス不動の遊撃手である今宮健太内野手だ。

 2009年のドラフト会議でソフトバンクから指名を受けた2人。明豊高の今宮が1位、福岡大大濠高の川原が2位で指名された。ともに高卒での同期入団で、当時指名を受けた5選手のうち、今も現役でチームに留まるのは、川原と今宮の2人だけだ。

「川ちゃんにはやっぱり特別な思いはあります。同期で、同級生でもあるし、もう僕ら2人しかいないので。苦労している姿も見てきているし、必死にやってきたからこそ、微力ながらでも、サポートしたいと思っています」

 この日もマウンドに上がったばかりの川原に、今宮が歩み寄って声をかけ、森に四球を与えた直後にも声をかけた。「緊張するよな。頑張れ」。同級生からの一声に、川原も「あれでちょっと落ち着けたような感じです」という。後続を立って無失点。今宮も「久々に1軍で投げて、ゼロで抑えられたのは大きい」と、好リリーフを喜んだ。

開幕戦の猛打賞に続き、この日も2安打を放った今宮。2戦連続のマルチ安打だけでなく、柳田の逆転満塁弾に繋がる押し出し四球も選び「柳田さんは返してくれる選手。僕らが仕事をして、回すことで得点力が上がってくる」。同級生の絆。白星で、久々の1軍登板に華を添えた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」