野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、米デビュー登場曲が「ニルヴァーナ」だった訳 仕掛け人は粋な“演出家”

菊池雄星、米デビュー登場曲が「ニルヴァーナ」だった訳 仕掛け人は粋な“演出家”

シアトルの本拠地T-モバイル・パークで米国デビューを果たしたマリナーズの菊池雄星投手は29日(日本時間30日)、昨季の公式戦で最多の108勝を挙げ、プレーオフでも勢いを失わずに世界一の座を5年ぶりに奪還したレッドソックスの強力打線相手に挑み、6回4安打3失点(自責2)、5奪三振無四球と好投。3点のリードを守ってブルペンに後を託したが、9回に抑えのストリックランドが代打モアランドに逆転3ランを浴びて、メジャー初勝利はならなかった。

本拠地開幕戦で国家を奏でたパール・ジャムのギタリスト、マイク・マクレディ氏【写真:AP】
本拠地開幕戦で国家を奏でたパール・ジャムのギタリスト、マイク・マクレディ氏【写真:AP】

日本時代は登場曲にこだわりも「僕、決めてないんですよね。忘れた!と思って」

 シアトルの本拠地T-モバイル・パークで米国デビューを果たしたマリナーズの菊池雄星投手は29日(日本時間30日)、昨季の公式戦で最多の108勝を挙げ、プレーオフでも勢いを失わずに世界一の座を5年ぶりに奪還したレッドソックスの強力打線相手に挑み、6回4安打3失点(自責2)、5奪三振無四球と好投。3点のリードを守ってブルペンに後を託したが、9回に抑えのストリックランドが代打モアランドに逆転3ランを浴びて、メジャー初勝利はならなかった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 奮投が報われなくても表情は晴れやかだった。

「僕自身楽しみにしていたレッドソックスの強力打線を相手に、収穫も多いゲームにすることができたと思います。」

 投じた86球をこう振り返った菊池は、その収穫を端的に表した。

「しっかり指にかかったいいボールは、空振りだったり差し込むボールも今回はすごく多かったので、そこは本当に自信にしていいとのかなと」

 望んだ結果は得られなかったが、投球の軸とする最速95マイル(約153キロ)の直球と低めを突くスライダーが安定し、落差のあるカーブでもカウントを稼ぎ、キャンプから同僚左腕ゴンザレスからアドバイスを受けた改良型のチェンジアップでゴロを打たせるなど、バランスの取れた投球に「トータルで考えている」と納得した。次回登板に向けて持ち球全てに得た好感触は大きい。

 21日の東京ドームでのメジャーデビュー戦から9日ぶりの登板。この間、2度のブルペン入りで調整をするなど準備万端で臨んだが、唯一怠ってしまったのがマウンドの登場曲の選定だった。「僕、決めてないんですよね。忘れた!と思って」。日本時代には、矢沢永吉やサザンオールスターズ、洋画のテーマ曲などジャンルを問わず使うなど、大切にしてきた部分だったが、アリゾナのキャンプ地から東京でのメジャー初登板、そして地元シアトルで米国デビューという過酷な移動を強いられたこともあってか、頭から消えていたようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」