DeNA、劇的サヨナラ勝ちで開幕カード勝ち越し! 代打・佐野が決勝打 中日は小熊がつかまる

中日は先発の柳が粘投も、開幕カード負け越し

■DeNA 3-2 中日(31日・横浜スタジアム)

 DeNAが劇的なサヨナラ勝ちで、開幕カードに勝ち越した。31日、本拠地横浜スタジアムでの中日戦。2-2の同点で迎えた9回裏に代打・佐野がサヨナラ打を放ち接戦に終止符を打った。

 初回に梶谷の適時二塁打で2点を幸先良く先制したDeNAだったが、4回に先発の井納が1点を失うと、6回には2番手エスコバーが同点に追いつかれて、試合を振り出しに戻された。

 同点で迎えた9回、先頭の大和が中前安打で出塁すると、途中出場の嶺井が送りバントを決めて得点圏に走者を進めた。楠本も中前安打で続いて一、三塁とし、最後は代打・佐野が左前へサヨナラ適時打を放った。

 中日は先発の柳が6安打4四球と苦しみながらも、6回2失点と粘投。4回に内野ゴロの間に1点を返し、6回にはビシエドの今季チーム初アーチとなるソロ本塁打で同点に追いついた。だが、4番手の小熊がつかまってサヨナラ負け。開幕カードは負け越しとなった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY