野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、引退後は何を? 米記者予想「2020年に侍ジャパンで何かの役割を…」

イチロー、引退後は何を? 米記者予想「2020年に侍ジャパンで何かの役割を…」

3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。引退後の去就についてはまだ明らかにはなっていないが、マリナーズで何らかの役職に就くとされている。

現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

地元紙「シアトル・タイムズ」のディビッシュ記者がファンの質問に回答

 3月21日に東京ドームで行われたアスレチックス戦を最後に現役を引退したマリナーズのイチロー外野手。引退後の去就についてはまだ明らかにはなっていないが、マリナーズで何らかの役職に就くとされている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズファンの間でも、今後のイチローの動向には注目が集まっているよう。地元紙「シアトル・タイムズ」のライアン・ディビッシュ記者は自身のツイッターで、ファンからの質問に応える形で、イチローの今後についてレポートしている。

「イチローは開幕シリーズの後、日本に残りましたか? または彼はチームと一緒に戻り、彼の次の役職を決めているところですか?」とする質問に対し、ディビッシュ記者は「イチローはチームが帰国した2日後にアメリカに戻りました。彼は先週シアトルにいて、おそらくチームと役職についてマリナーズのフロントやオーナーらと会合しました。察するに、球団との役職についての話し合いでしょう」と回答。マリナーズサイドと話し合いを行っているとした。

 その上で、ディビッシュ記者は「今後の彼の動向を読むのは容易なことではありません。近い将来、彼は引退後の生活に慣れようとすることでしょう。ですが、それは彼にとって容易いこととはいかないでしょう」と指摘。現役時代のイチローの野球に取り組む姿勢を回顧し「彼が野球選手としてどれほど厳しく自分の人生を律してきたか考えてみてください。彼の頭の中は、日々のルーティンや(試合に向けての)準備のことで常にいっぱいでした。彼は今何の準備をしていることでしょう?」と記している。

 引退会見では、将来的な監督就任には否定的だったイチロー。ディビッシュ記者は「彼は球団内で何らかのアンバサダーか、ケン・グリフィーJr.のように(臨時での)特別コーチなどを引き受けることになるというのが、私の意見です。イチローは2020年の東京オリンピックなどで、彼の国の代表チームである、侍ジャパンでも何かの役割を引き受けるかもしれません」と予想。果たして、イチローはどんな第2の人生を歩み始めることになるのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」