野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

え?これが入るの? 鷹・柳田「打ち損じたと思った」けど左翼へ先制2ラン

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、強烈な先制パンチを食らわせた。7日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦。初回に逆方向のレフトへの4号先制2ランを放った。

先制2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:(C)PLM】
先制2ランを放ったソフトバンク・柳田悠岐【画像:(C)PLM】

会心の当たりでなくともスタンドに届く“柳田ならでは”の一発

■ソフトバンク – ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、強烈な先制パンチを食らわせた。7日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦。初回に逆方向のレフトへの4号先制2ランを放った。

 2連敗で迎えた3連戦の3戦目。主砲のバットから、驚きの1発が生まれた。1死から今宮が中前安打で出塁すると、柳田はロッテ先発・有吉の真っ直ぐを捉えた。こすったように弾き返した打球は高々と舞い上がった。

 左翼への飛球かと思われた打球は、飛距離を伸ばし続け、左翼ホームランテラス席へと着弾。大きく弾んで、フィールド内へと跳ね返ってきた。会心の当たりではなくともスタンドまで運ぶ超人ギータ“ならでは”の一発。ソフトバンクが幸先よく2点を先制した。

 先制弾をはなった柳田は「打ったのはストレートです。打った瞬間は打ち損じたと思っていましたが、結果ホームランになり先制出来て良かったです」と球団を通じてコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」