野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武榎田、実戦復帰で2回0封「まずはよかった」 17日の2軍戦で先発へ

左肩の張りのためリハビリを行ってきた西武・榎田大樹投手が12日、巨人との2軍戦(西武第二)で実戦復帰した。

イースタンリーグ巨人戦で実戦復帰した西武・榎田大樹【写真:安藤かなみ】
イースタンリーグ巨人戦で実戦復帰した西武・榎田大樹【写真:安藤かなみ】

杉山投手コーチは「変化球の精度を上げれば1軍で十分投げることできる」

 左肩の張りのためリハビリを行ってきた西武・榎田大樹投手が12日、巨人との2軍戦(西武第二)で実戦復帰した。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨秋のクライマックスシリーズ以来の実戦マウンドとなった。8回から登板すると、2回1安打無失点と順調な仕上がりを披露し「まず打者に向かって投げることができてよかった」と胸をなでおろした。初回はチェンジアップやスライダーが抜ける場面もあったが、イニング間にしっかりと修正。チェンジアップやシュートで空振りを奪い、打者を寄せ付けなかった。杉山投手コーチは「もっと変化球の精度を上げれば1軍で十分投げることはできる」とその回復ぶりに太鼓判を押した。

 4月下旬から5月にかけての1軍復帰が濃厚だが、はやる気持ちを抑えてきた。榎田は「選手にとってリハビリはどうしても『早く戻りたい』と思うもの。そこでトレーナーさんに方向性を決めてもらっていたので、ありがたい」とトレーナーに感謝した。

 13日以降については「トレーナーさんとしっかりコミュニケーションを取ってリカバリーしたい」と話す。投球後のコンディションをチェックし、問題がなければ次回は17日のヤクルトとの2軍戦(メットライフ)で先発する。4回から5回をメドに登板し、榎田の後は内海が2回から3回、ドラ1松本航が1回と、それぞれ離脱していた投手陣が実戦復帰する予定となっている。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」