野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、6回持たず自己最悪7失点 「修正できなかった」

西武・今井達也投手が13日のオリックス戦(メットライフ)に先発し、5回途中で自己ワースト7失点(自責は5)で降板した。

6回途中7失点で降板した西武・今井達也【写真:荒川祐史】
6回途中7失点で降板した西武・今井達也【写真:荒川祐史】

オリックス戦で先発し、5回2/3で6四球5安打7失点

■西武 – オリックス(13日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武・今井達也投手が13日のオリックス戦(メットライフ)に先発し、5回途中で自己ワースト7失点(自責は5)で降板した。

 立ち上がりから、生命線のストレートが思うようにコントロールできなかった。初回に四球を連発しノーヒットで先制を許すと、3回には4番・杉本に1号2ランを献上。6回には自らの暴投と森の失策も絡みさらに失点を重ねた。「投げ急いでしまったところがあり、自分でもわかっていたが修正できなかった」と状態を上げることができず、6回を投げ切れずに降板した。5回2/3で6四球1奪三振、5安打7失点だった。

 今井は「大事な初回にフォアボールで押し出しで点を与えてしまい、悪い流れを作ってしまった」と立ち上がりの1イニング4四球を反省していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」