野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュの「3人KO」159キロ死球、打者は“苦悶”「彼は球速を上げていた」

ダルビッシュの「3人KO」159キロ死球、打者は“苦悶”「彼は球速を上げていた」

カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点で今季初勝利を挙げた。降板直前の最後の一投となった99マイル(159キロ)の剛速球は打者の太もも付近に直撃する死球となっただけでなく、跳ね返って球審の胸元、女房役の背中にも当たり、米国で大きな話題に。被害者となったルイス・ブリンソン外野手は“恨み節”を漏らしている。MLB公式サイトが報じている。

今季初勝利をマークしたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
今季初勝利をマークしたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

球審の胸元と女房役の背中にも当たる、意図的だったかとの質問に打者は…

■カブス 7-2 マーリンズ(日本時間16日・マイアミ)

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点で今季初勝利を挙げた。降板直前の最後の一投となった99マイル(159キロ)の剛速球は打者の太もも付近に直撃する死球となっただけでなく、跳ね返って球審の胸元、女房役の背中にも当たり、米国で大きな話題に。被害者となったルイス・ブリンソン外野手は“恨み節”を漏らしている。MLB公式サイトが報じている。

“恐怖の瞬間”だった。カブスが5-2とリードして迎えた6回2死走者なしの場面で、ダルビッシュが打席に迎えたのはメジャー3年目の24歳外野手ブリンソン。カウント1-1で迎えたこの日の96球目、99マイルのファストボールは内角へ投じられた。

 ブリンソンは急いで腰を引いたが、太もも付近を掠める死球に。軌道を変えたボールはオノラ球審の胸元を襲い、女房役のコントラレスの背中にも当たった。地元紙「USAトゥデー」が「ユウ・ダルビッシュが時速99マイルのファストボールで3人をノックダウン」と報じるなど、米メディアやSNS上で大きな話題を呼んだ。

 被害者となったブリンソンは痛みからフィールド上でしばし動けず“苦悶”し、途中交代となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」