野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、連敗止める 打線組み替え的中&千賀8回零封で初勝利 西武は今季初零封負け

ソフトバンクが連敗を3で止めた。19日、敵地メットライフドームでの西武戦。組み替えた打線が3回に2点を先制すると、千賀が8回を1安打無失点に封じる好投を見せて逃げ切った。

先制タイムリーヒットを放ったソフトバンク・今宮健太【画像:(C)PLM】
先制タイムリーヒットを放ったソフトバンク・今宮健太【画像:(C)PLM】

ソフトバンクは3回に今宮、松田宣の適時打で得た2点を守り抜く

■ソフトバンク 2-0 西武(19日・メットライフ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが連敗を3で止めた。19日、敵地メットライフドームでの西武戦。組み替えた打線が3回に2点を先制すると、千賀が8回を1安打無失点に封じる好投を見せて逃げ切った。

 2試合連続零封負けを喫するなど打線が低調だったソフトバンクはこの日、不振のデスパイネ、内川の打順を下げ、2番釜元、3番今宮、4番松田宣の新たな打線を組んだ。これが3回に的中。2死から牧原が四球で出塁すると、釜元が中前安打で繋ぎ、今宮の右前適時打で先制。松田宣も中前安打を放ち、2点を先行した。

 その後は追加点を奪えなかったが、2点のリードを千賀が力投で守り抜いた。5回までは西武打線を相手に無安打投球。6回1死で金子侑に初安打を許したが、得点は許さず。8回2安打無失点でバトンを渡すと、最後は森が締めて逃げ切った。千賀は今季4度目の先発で、ようやく初勝利となった。

 西武は打線が千賀の前に反撃できず。先発の多和田は7回途中までに10安打を浴びたが、なんとか2失点に止める粘りの投球。だが、打線は今季初の零封負けで、力投する右腕を援護できずに3連敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」