野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、なぜ窮地で新人起用? プロ初勝利のドラ6泉を送り出した工藤監督の意図

22日に東京ドームで行われたソフトバンク主催の「タカガールデー in TOKYO」オリックス戦。女性向け人気イベントの東京初開催で、記念すべきプロ初勝利を掴んだのは、ドラフト6位の泉圭輔投手だった。

泉の“持ち味”も評価しての起用、工藤監督の評価は…

 首脳陣の中では、この日、泉を早い段階で投入することは想定されていたプランだった。東浜は今季初の中5日登板。工藤監督は「(東浜は)飛ばして、行けるところまでいこうと。5回が良かったので6回も行こうとなったが、今日は繋いでいくつもりだった。そのために泉を(昨日は)使っていなかったので」と明かす。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 そして、泉の“持ち味”も評価しての起用だった。指揮官は言う。「腕の振りがいいし、変化球も低めに投げられる。真っ直ぐでも、変化球でも空振りが取れる」。送り出した倉野信次投手コーチも「厳しい場面でしたけど、期待に応えてくれた。泉はストライクゾーンで勝負できる投手。球の力もあるし」と右腕の良さを語った。

 指揮官とコーチ陣の期待に、ものの見事に応えてみせた泉。試合後には「任された以上は抑えないといけない。中継ぎの人たちもここ数試合みんなで頑張って抑えていた。流れに乗って持ちこたえようといきました。緊張しましたけど、抑えられて良かった」と語る。またしても鷹に現れた新星。頼もしい右腕が救援陣に加わっている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」