野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • 平野佳寿、2年目のジンクス打破へ ブレない日々の準備に加える変化

平野佳寿、2年目のジンクス打破へ ブレない日々の準備に加える変化

ダイヤモンドバックスの平野桂寿投手は22日(日本時間23日)の敵地・パイレーツ戦で、4点をリードした7回に救援登板。1回を投げ無安打無失点2奪三振と好投し、3試合連続無失点。一時は9点だった防御率を5.00に改善し、復調の兆しを見せる。

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

今季は一時防御率9点台も3戦連続無失点と復調気配

 ダイヤモンドバックスの平野桂寿投手は22日(日本時間23日)の敵地・パイレーツ戦で、4点をリードした7回に救援登板。1回を投げ無安打無失点2奪三振と好投し、3試合連続無失点。一時は9点だった防御率を5.00に改善し、復調の兆しを見せる。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 34歳で挑んだメジャー1年目の昨季に26試合連続無失点の快投を演じた平野だが、期待を背負った2年目のスタートにはつまずいている。3月29日の開幕戦で失点すると登板5試合で3試合に失点。その後の6試合では1失点と立ち直ってきたが、ここまでの11試合で7失点は、順調だった昨季と比較すると、開幕からの同じ試合数で「5」点増となっている。

 直球の精度に欠けるなどスタートのつまずきにはいくつかの要因が挙げられるが、昨季も一時悩んだ捕手との呼吸は看過できない。

 今季のDバックスはカージナルスからトレードで移籍したカーソン・ケリーが正捕手の座を射止めている。平野とはここまでの11試合で7試合にバッテリーを組んでいるが、4月6日のレッドソックス戦でブラッドリーに対しフォークを6球続けて要求するなど、配球面で噛み合いが悪かった。

 平野は1年目の序盤にも同じ経験をしているが、自重していた意見交換を申し出て「フォーク偏重」を是正している。今季初勝利を挙げた4月16日のブレーブス戦後には「ケリーと投げたいボールが合ってきた」と話し、燻り出した配球面の不安を払拭した様子だ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」