野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、6連勝で一気に借金「2」 緒方監督もご満悦「理想のゲーム展開」

広島は24日、マツダスタジアムで行われた中日戦に5-0で勝利し、これで6連勝をマーク。借金を2まで減らした。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

投打に文句なしの完勝「本当にいい流れのゲームができた」

■広島 5-0 中日(24日・マツダスタジアム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は24日、マツダスタジアムで行われた中日戦に5-0で勝利し、連勝を「6」に延ばした。7回無失点の先発・野村から3投手の継投で中日打線を完封。打線は長野のマツダスタジアムでの移籍第1号など、効果的に本塁打が出た。投打に文句なしの完勝に、緒方監督は「理想のゲーム展開」とご満悦だった。

 野村は7回まで7安打を打たれたが、2併殺など粘り強い投球で中日に得点を許さなかった。指揮官は「今日は両サイドにいいコントロールだった。會澤もいいリードをした」と、バッテリーを褒めた。さらに「ゴロアウトも取れたし、何より締まった守備で、攻撃の流れにもつながった」と、雨中のゲームで悪コンディションの中、無失策だった守備陣を勝因に挙げた。

 攻撃陣は會澤の先制本塁打から、3本の本塁打で得点を重ねた。緒方監督は「アツ(會澤)はホームランも打ったし、キク(菊池涼)と長野のホームランも大きかった。本当にいい流れのゲームができた」と満足そうだった。指揮官から昨季は何度も聞かれた「ナイスゲーム」という言葉も出た完勝で、6連勝のチームは、最大「8」あった借金を「2」とした。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」