野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュ、不振の理由は初球ストライク率? 米メディア「これはキャリア最低」

ダルビッシュ、不振の理由は初球ストライク率? 米メディア「これはキャリア最低」

今季中の完全復活が期待されるカブスのダルビッシュ有投手。今季はここまで1勝3敗、防御率5.96にとどまっている日本人右腕について、地元テレビ局「WGN9」では「復活の日はいつになるのか?」と激論。解説者が指さしながら画面越しに「ユー!」と名指しする異例の展開になっている。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ここまで1勝3敗、防御率5.96と不振のダルビッシュに地元メディアが討論

 今季中の完全復活が期待されるカブスのダルビッシュ有投手。今季はここまで1勝3敗、防御率5.96にとどまっている日本人右腕について、地元テレビ局「WGN9」では「復活の日はいつになるのか?」と激論。解説者が指さしながら画面越しに「ユー!」と名指しする異例の展開になっている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 元NFLタイタンズのランニングバック、ジャレット・ペイトン解説者が地元シカゴのプロスポーツシーンを討論する番組で、司会者のジョシュ・フリードマン氏は日本人右腕の現状についてこう切り出した。

「レスターも復帰へ向かっていて、キンタナ、ハメルズ、ヘンドリックスは最近好投しています。先発ローテーションで足を引っ張っているのはダルビッシュだけです」

 ペイトン氏が「おっしゃる通りです」と同調。ダルビッシュが痛打される映像とともに、フリードマン氏は「キンタナも、35歳のハメルズもこんなピッチングができる中で、ダルビッシュが好投できない理由がありません。純粋に、投げるボール自体は(彼らより)断然上です。四球、自分のボールへの自信が十分ではない。ボールが(本塁上に)甘く入ると、こんなことが起きてしまいます」と持論を展開した。

 制球面の改善が急務という意見に対し、ペイトン氏は「他の投手がシーズン中に修正していく中で、依然として最大の問題が存在します。彼は素晴らしい球を投げる。だが、メンタル的に準備ができていない」と厳しい口調で分析。問題は自信と言い切っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」