野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、1イニングのショートスタートへ意気込み 「常に勝負球のつもりで」

菊池雄星、1イニングのショートスタートへ意気込み 「常に勝負球のつもりで」

マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、本拠地シアトルで26日(同27日)のレンジャーズ戦に向けブルペン入り。変化球を交え15球を投げ込んだ。3戦連続での中4日を考慮され「ショートスタート」として1イニングの予定になるが「初回から全力でいきたい」と力を込めた。

マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

27日のレンジャーズ戦では1イニング限定での登板になる見込み

 マリナーズの菊池雄星投手は25日(日本時間26日)、本拠地シアトルで26日(同27日)のレンジャーズ戦に向けブルペン入り。変化球を交え15球を投げ込んだ。3戦連続での中4日を考慮され「ショートスタート」として1イニングの予定になるが「初回から全力でいきたい」と力を込めた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 メジャー1年目の今季はイニング数の限定など登板過多にならないよう考慮。ここまで中4日が続いていたこともあり27日のレンジャーズ戦では1イニングを目処とする「ショートスタート」としてマウンドに上がることになる。

 開幕からここまでの6試合では立ち上がりに課題を残す場面もあり「長い回を投げようとかペース配分しなくていい。後ろのピッチャーにいい形でバトンを渡せるように全力で投げたい。そこで何か得るものというか、きっかけをつかめると思うので、常に勝負球のつもりで投げたい」と意気込みを語った。

 メジャーでは球数を重視され5、6回での降板が続くが「逆に8、9回って今振り返ると(日本時代は)結構投げていたなと思います。120、30球って当たり前だと思っていましたが中4日で回ること考えると、今そのリズムにあってきたなと思う」と、徐々に対応してきていることを明かした。

(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」