野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ヤ軍ブーン監督の采配をファン痛烈批判「解雇しろ」「耐え難いほど馬鹿げている」

ヤ軍ブーン監督の采配をファン痛烈批判「解雇しろ」「耐え難いほど馬鹿げている」

ヤンキースの田中将大投手は25日(日本時間26日)、敵地・エンゼルス戦で先発。5回2/3で2被弾を含む6安打で今季ワースト6失点。今季2敗目(2勝)を喫した。チームの連勝は6でストップした。一時4点のリードを奪いながらも逆転負け。ファンからはアーロン・ブーン監督の采配に批判が多く集まっている。

敵地でのエンゼルス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】
敵地でのエンゼルス戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

同点の6回2死一、二塁で田中からホルダーにスイッチも決勝点献上「投手の使い方を心得ていない」

■エンゼルス 11-5 ヤンキース(日本時間26日・アナハイム)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 ヤンキースの田中将大投手は25日(日本時間26日)、敵地・エンゼルス戦で先発。5回2/3で2被弾を含む6安打で今季ワースト6失点。今季2敗目(2勝)を喫した。チームの連勝は6でストップした。一時4点のリードを奪いながらも逆転負け。ファンからはアーロン・ブーン監督の采配に批判が多く集まっている。

 ファンが問題視したのはブーン監督の継投のタイミングだ。田中は4点リードの5回にラステラとカルフーンにそれぞれ2ランを浴びて同点とされ、6回に2四球を与えて2死一、二塁としたところで降板。ブーン監督は2番手にホルダーを投入したが、右腕は捕逸でピンチを広げた二、三塁からフレッチャーに勝ち越し2点打を浴びた。試合後、ヤンキース公式ツイッター、地元テレビ局「YESネットワーク」の公式ツイッターには、ファンから多くの采配批判が集まった。

「ブーンを解雇しろ」

「走者有りで、なおかつ同点の場面でなぜ(田中降板で継投した)ホルダーをマウンドに送ったんだ?」

「得点圏に走者がいる場面でホルダーを投入したブーンは愚か者ね。私はホルダーを気に入っているけど、彼は苦戦しているの。あの状況で起用すべき選手じゃないわ。ブーンには本当にうんざりね」

「うーんと、僕たちはブーンにイライラしているんだよ。たくさんの怪我にもね」

「ジョー(ジラルディ)を復帰させられないのかな?」

「彼のブルペンの起用法は耐え難いほど馬鹿げている」

「大差でない試合でホルダーを使わないでくれ」

「ブーンは投手の使い方を心得ていない」

「恥ずかしいね。スウィープするはずだったけど」

「酷い」

「オーマイゴッド」

 2018年に就任したブーン監督は今季が2年目。今季はジャッジ、スタントンら主力に故障者が続出する中、地区首位レイズに2ゲーム差の2位と奮闘しているが、NYファンは前監督のジョー・ジラルディ氏(野球評論家)を次期監督候補に推すなど我慢ならないようだ。

 敵地テレビ局「ABC30」でリポーターを務める、コリン・ホガード氏からも「またしても凄く大事な場面でホルダーを投入するのが、私には理解できない。タナカを続投させるか、もしくは強力な救援投手をマウンドに送らないと」と苦言させたブーン監督。まずは26日(同27日)の敵地・ジャイアンツ戦で見返したいところだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」