野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、令和初戦を制し4連勝で3位浮上! 広島11安打2得点の拙攻で4連敗

阪神は1日、令和初戦となった本拠地での広島戦に6-2で勝利し4連勝を飾った。新助っ人マルテがチーム令和初本塁打となる来日1号ソロを放つなど投打が噛み合いカード勝ち越しを決めた。

チームの令和初アーチは新助っ人マルテの来日1号ソロ

■阪神 6-2 広島(1日・甲子園)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神は1日、令和初戦となった本拠地での広島戦に6-2で勝利し4連勝を飾った。新助っ人マルテがチーム令和初本塁打となる来日1号ソロを放つなど投打が噛み合いカード勝ち越しを決めた。

 先取点を奪ったのは広島。3回1死一塁から菊池涼、バティスタの連続タイムリーで2点を奪い先制に成功。それでも阪神はノーヒットのまま4回を迎えると1死から3連続四球で満塁の好機を作ると梅野の三ゴロの間に1点を返した。

 さらに1点を追う5回は1死二、三塁から近本が2点タイムリー、糸原、大山の適時打で一挙4点を奪い逆転に成功した。6回にはマルテが来日1号を放ちリードを広げた。

 投げては先発の才木が5回7安打2失点の粘投で2勝目。広島は相手を上回る11安打を放ちながら2得点の拙攻。8連勝で借金を返済し勢いを取り戻したかに見えたがまさかの4連敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」