野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、令和は黒星スタート 辻監督は外崎らの復調望む「我慢強いよ、オレは」

西武が令和最初の試合となった1日の日ハム戦(メットライフ)に7-2で敗れ、再び借金を1とした。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

先発の高橋光は3回途中5失点「どうしたんだろうね、3回から別人だった」

■日本ハム 7-2 西武(1日・メットライフ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 西武が令和最初の試合となった1日の日ハム戦(メットライフ)に7-2で敗れ、再び借金を1とした。

 先発の高橋光が3回途中5失点と試合を作れず3敗目。辻監督は「初回は球の勢いもあったし、最少失点で抑えるかと思っていたんだけれど。どうしたんだろうね、3回から別人だった。下位打線に四球で押し出し。0点で済んだ」と首をかしげた。

 打線も山川と秋山にそれぞれソロが飛び出したが、得点はこの2点のみ。6回、7回、8回とチャンスを作りながら得点に結びつけることはできなかった。6番の外崎に好機で打席が回ったが凡退。辻監督は外崎の状態について「真っ直ぐを待っていてもボール球に手が出てしまう。タイミングじゃないか。何も考えずにいけばいいのに」と話した。また、「外崎と金子侑はレギュラーでやってくれないといけない。1打席でも早く何かをつかんでくれれば。我慢強いよ、オレは」と打線のキーマンたちの復調を待ち望んでいた。

 今回も森に対して日ハムは三塁手を二塁寄りに守らせる「森シフト」を展開したが、森は第1打席でがら空きの三塁方向へゴロを放ち、これが内野安打となった。森はシフトに対して「特に意識してないです。(ヒットは)たまたまです」と話した。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」