野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元Gマイコラス、“最強”シャーザーとの最多勝対決を制し3勝目「良い球投げられた」

元Gマイコラス、“最強”シャーザーとの最多勝対決を制し3勝目「良い球投げられた」

カージナルスのマイルズ・マイコラス投手は1日(日本時間2日)、敵地でのナショナルズ戦に先発し、6回7安打1失点4奪三振1四球の好投で今季3勝目(2敗)を挙げた。メジャー最強右腕で、昨季ともに18勝で最多勝を分け合ったナショナルズのマックス・シャーザー投手との投げ合いを制し、2試合ぶりの白星。試合後には、地元メディアに対してカーブの精度の高さが勝利につながったと明かしている。

3勝目を挙げたカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】
3勝目を挙げたカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

6回1安打で2試合ぶり白星、カージナルスは貯金10「本当に恐ろしいチームになる」

■カージナルス 5-1 ナショナルズ(日本時間2日・ワシントン)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 カージナルスのマイルズ・マイコラス投手は1日(日本時間2日)、敵地でのナショナルズ戦に先発し、6回7安打1失点4奪三振1四球の好投で今季3勝目(2敗)を挙げた。メジャー最強右腕で、昨季ともに18勝で最多勝を分け合ったナショナルズのマックス・シャーザー投手との投げ合いを制し、2試合ぶりの白星。試合後には、地元メディアに対してカーブの精度の高さが勝利につながったと明かしている。

 カージナルスは初回にシャーザーから3点を奪取。大きな援護をもらったマイコラスは、初回は2死からヒットを許すもアダムスを空振り三振で3アウト。2、3回は3者凡退に抑えた。

 4回は先頭から2連打を許すと、1死一、三塁となってからゴームズの三ゴロの間に1点を失う。さらに、キーブームに四球、ディフォは内野安打で2死満塁とされるも、テイラーは中飛で最少失点で切り抜けた。

 5回は2死から連打を許すも、またもアダムスをニゴロに仕留めて無失点。6回は先頭ゴームズに二塁打を浴びたが、後続を断って無失点で切り抜け、7回に攻撃で代打を送られた。99球を投げてストライクは77球。防御率は4.73となった。

 カージナルス打線は2回以降はシャーザーに抑えられていたが、8回に救援陣から2点を奪取。5-1で勝利し、マイコラスに3勝目がついた。地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」は試合後、右腕が地元メディアの取材に応じる動画を公開。マイコラスは「素晴らしかった。チームが初回に得点してくれて良かった」と打線に感謝。さらに「カーブをストライクに投げられたことが良かった。直球は少し不安定だったが、守備が素晴らしいプレーをしてくれたし、必要な時に良い球が投げられた」と、味方の守備も大きかったと振り返った。

 地区首位のチームは20勝10敗の貯金10と好調を維持。マイコラスは「僕たちは良い野球をしているが、まだ少しフル回転していないと思う。上手くかみ合い始めたら、本当に恐ろしいチームになると思う」と、さらなる快進撃に自信を見せていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」