野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・松田、史上63人目の通算250本塁打 先制3ランで大台に到達

ソフトバンクの松田宣浩内野手が、史上63人目となる通算250本塁打を達成した。3日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。初回の打席で先制の3ランを放ち、節目の本塁打とした。

通算250本塁打を放ったソフトバンク・松田宣浩【画像:(C)PLM】
通算250本塁打を放ったソフトバンク・松田宣浩【画像:(C)PLM】

楽天先発の釜田から左中間スタンドへ先制の一発

■ソフトバンク – 楽天(3日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が、史上63人目となる通算250本塁打を達成した。3日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。初回の打席で先制の3ランを放ち、節目の本塁打とした。

 この回先頭の三森、周東が連打で出塁し、2死二、三塁で迎えた第1打席。松田は楽天先発の釜田が投じた真っ直ぐを捉えると、左中間スタンドまで打球を運んだ。打った瞬間に本塁打を確信した松田宣はベンチに向けてガッツポーズし、ダイヤモンドを一周し、ファンと「熱男!」を大合唱した。

 2005年のドラフト希望入団枠で加入した松田宣。プロ初本塁打は、ルーキーイヤーだった2006年4月22日のオリックス戦の7回に松村から放っている。

 松田宣は球団を通じて「リーチがかかってから、なかなか打てませんでしたが、今日の1打席目で決められて良かったです。250本はまだ通過点と思っているので、次は251本目を打てるように、これからも頑張っていきます」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」