野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、7回1失点10Kに「収穫多い試合」 1イニング登板が「いいキッカケに」

菊池雄星、7回1失点10Kに「収穫多い試合」 1イニング登板が「いいキッカケに」

マリナーズの菊池雄星投手は3日(日本時間4日)、敵地インディアンス戦で先発して7回3安打1失点の好投を見せた。1イニングだけを投げた4月26日のレンジャーズ戦から中6日での登板となった左腕はメジャー最長となる7回まで投げて1失点。移籍後初の2桁奪三振となる10個の三振を奪う圧巻の好投を見せた。

敵地インディアンス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
敵地インディアンス戦で先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

移籍後最長の7回を投げ、初の2桁奪三振を奪うなど7回3安打1失点の好投

■インディアンス 2-1 マリナーズ(日本時間4日・クリーブランド)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 マリナーズの菊池雄星投手は3日(日本時間4日)、敵地インディアンス戦で先発して7回3安打1失点の好投を見せた。1イニングだけを投げた4月26日のレンジャーズ戦から中6日での登板となった左腕はメジャー最長となる7回まで投げて1失点。移籍後初の2桁奪三振となる10個の三振を奪う圧巻の好投を見せた。

 チームはサヨナラ負けで5連敗となったものの、雄星自身は試合後は「すごく収穫の多い試合になったと思います。チームが連敗続いている中でなんとしても勝ちたかったですし、最後は負けてしまいましたけど、こういうピッチングをしていけば、勝つチャンスは増えてくる。次に繋がるいいピッチングだったと思います」と納得の表情を浮かべた。

 移籍後最高と言える投球だった。初回、わずか11球で3者凡退に打ち取る上々の立ち上がり。2回に四球で走者を出したものの、3回までインディアンス打線を無安打に封じた。1点リードで迎えた4回に二ゴロ併殺打の間に1点を失って同点とされたが、失点はこれだけ。6回2死からは圧巻の4者連続奪三振。4回2死から10者連続でアウトに仕留めた。

 ストレート、スライダーともにキレ味抜群。菊池自身も「三振を、空振りを多く取れたのが収穫かなと思います。追い込んでから球数多くなったりとか、そこが1つの課題でした。今日は追い込んでからスライダー、ストレートも含めて三振を取れた。僕も前回の登板ですごく気付きが多くて、それを今回生かせたので、また次にも繋がると思います」と納得の出来だった。

 1イニングだけを投げた4月26日のレンジャーズ戦で大きなヒントを得た。メジャー1年目となる菊池の疲労を除去するために、取り入れられた“ショートスタート”。1イニングを腕を振って、全力で投げることが必要だと感じた。「思わぬところでというか、本当にいいきっかけになった。本音を言えば、毎試合投げたいですけど、こういう前回の経験を生かしていい形で投げられたので、良かった。軸になるボールで探すという意識で入ってしまうと、そこを狙われてしまう。とにかく思い切り腕を振りながら、ボールをまとめていくという意識で投げました」。メジャー2勝目とはならなかったが、菊池にとっては大きな収穫と気付きを得た登板となったようだ。

(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」