野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「次は当てるんだ」ブレーブス対マーリンズ戦で一触即発の“報復劇”

「次は当てるんだ」ブレーブス対マーリンズ戦で一触即発の“報復劇”

3日(日本時間4日)に行われたブレーブス対マーリンズ戦で衝撃の退場劇が起こった。

マーリンズ戦で一発退場となったブレーブスのケビン・ガウスマン【写真:Getty Images】
マーリンズ戦で一発退場となったブレーブスのケビン・ガウスマン【写真:Getty Images】

ブレーブスのグスマンが、マーリンズ先発ウレーニャの背後にボールを投げ込む

■ブレーブス 7-2 マーリンズ(日本時間4日・マイアミ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3日(日本時間4日)に行われたブレーブス対マーリンズ戦で衝撃の退場劇が起こった。

 この試合の2回だった。ブレーブスの先発右腕ケビン・ガウスマンが、マーリンズの9番でこの日の先発投手のホセ・ウレーニャに投じた初球だった。97マイル(約155.2キロ)の真っ直ぐがウレーニャの体に一直線。寸前のところで交わして死球は回避したものの、ボールはウレーニャの背後を通過した。

 ウレーニャがガウスマンを睨みつけ、一触即発のムードが漂う。即刻、球審はガウスマンに退場を宣告。ブレーブスのスニッカー監督がベンチを飛び出し、抗議したものの、覆ることなく、グラウンド上には不穏な空気が流れた。

 この1球には、昨季の因縁があったという。米メディア「スポルティングニュース」のジェイソン・フォスター記者は、自身のツイッターで「昨年のアクーニャ(に対する死球)への報復としてウレーニャの背後にボールを投げ、当然のことながらガウスマンが退場になった」とレポートした。

 昨季、8月15日(日本時間8月16日)に行われた一戦。4試合連続先頭打者本塁打というメジャー記録のかかっていたロナルド・アクーニャJr.外野手だったが、この日の先発だったウレーニャから初球、いきなり右肘に死球を食らった。ウレーニャは1球で即刻退場となり、ブレーブスの選手がベンチから飛び出す一触即発の空気に。このボールが、この日のボールの伏線になっていたとした。

 このグスマンが投じた1球を、動画で紹介した「FOXスポーツ・ブレーブス」のツイッターには、ファンからの賛否のコメントが殺到した。

「彼にぶつけるべきだった。彼の右肩に99マイルの球をね」

「彼はただ2シームで内角を攻めて、少し抜けてしまっただけのように、僕は感じたけどね」

「どっちみち彼にはぶつけるべきだったよ。162試合もあるんだからね。アクーニャはあと15年ブレーブスでプレーするんだ」

「OK、退場は本当に不要だったわ!」

「次回、とにかく彼に当てるんだ」

「こういうことがあるからこそ、打者はホームランを打った時に好きなだけ高くバットを投げるべきなんだ」

「気に入ったよ」

「親愛なるブレーブス、次はもっと上を狙うんだ」

 ブレーブスファンからは、アクーニャJr.の記録達成を死球で阻んだウレーニャへの“恨み節”が続出。この対決、今後も遺恨を残すことになりそうだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」