野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、3連勝で今季最多の貯金7 千賀が7回無失点で無傷3勝目 オリは成瀬が4失点

ソフトバンクが3連勝を飾り、貯金を今季最多の7に伸ばした。4日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。打線が序盤に4点のリードを奪うと、先発の千賀が7回3安打無失点の好投で無傷の3勝目をマークした。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:藤浦一都】

移籍後初登板初先発となった成瀬は4失点で3回途中KO

■ソフトバンク 4-0 オリックス(4日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが3連勝を飾り、貯金を今季最多の7に伸ばした。4日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。打線が序盤に4点のリードを奪うと、先発の千賀が7回3安打無失点の好投で無傷の3勝目をマークした。

 初回、オリックス先発の成瀬からチャンスを作ると、松田宣、グラシアルの連続適時打で2点を先制したソフトバンク。3回には松田宣が適時二塁打を放って1点を追加し、この日スタメンに復帰した内川が右犠飛を放ってリードを広げた。

 先発の千賀は7回までオリックス打線にチャンスらしいチャンスを与えず。3回以降は1本の安打も許さず、危なげない投球だった。9奪三振にとどまり、5試合連続の2桁奪三振は逃したものの、安定した投球だった。

 オリックスは連勝が2でストップした。移籍後初登板初先発となった成瀬が初回にいきなり2点を失うなど、3回途中4失点でノックアウト。打線も千賀の前に散発の3安打。千賀が降板した8回に好機を作ったが、反撃が遅かった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」