野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川、豪快「どすこい」13号2ラン パトップ独走「打ててよかった」

西武の山川穂高内野手が5日の楽天戦(メットライフ)で6回に貴重な追加点となるパ・リーグトップ独走の13号2ランを放った。

13号2ランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】
13号2ランを放った西武・山川穂高【画像:(C)PLM】

楽天安楽のストレートを左中間スタンドに運ぶ

■楽天 – 西武(5日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武の山川穂高内野手が5日の楽天戦(メットライフ)で6回に貴重な追加点となるパ・リーグトップ独走の13号2ランを放った。

 2点をリードして迎えた6回、無死三塁で楽天の2番手・安楽のストレートを弾き返した。1日の日ハム戦(メットライフ)以来の一発が、大きな弧を描いて左中間スタンドに飛び込んだ。「今日はこどもの日。たくさんの子どもの前でホームランが打ててよかったです」と声を弾ませた。

 この日の試合前には所沢市出身の力士・北勝富士関が来場し山川と対決するイベントが行われ、ここではセカンドフライに打ち取られていた。本物の力士と「どすこい」パフォーマンスで共演を果たしていが、試合でも豪快な「どすこい」ポーズを決め、スタンドを沸かせた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」