野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ野球の“令和初完封”は西武今井! 9回3安打4Kの快投、3年目でプロ初完封

西武は5日、本拠地での楽天戦に4-0で快勝し、2連勝を飾った。先発の今井が9回3安打無失点5奪三振4四球の快投でプロ初完封。打線も秋山が先制ソロを放つと、山川にもパ・リーグトップ独走の13号2ランが飛び出すなど援護した。今井は、令和に入ってから完封勝利12球団一番乗りとなった。

令和初完封した先発の西武・今井達也【画像:(C)PLM】
令和初完封した先発の西武・今井達也【画像:(C)PLM】

秋山5号ソロ&山川パトップ13号2ランで援護、楽天は打線が抑え込まれ4連敗

■西武 4-0 楽天(5日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武は5日、本拠地での楽天戦に4-0で快勝し、2連勝を飾った。先発の今井が9回3安打無失点5奪三振4四球の快投でプロ初完封。打線も秋山が先制ソロを放つと、山川にもパ・リーグトップ独走の13号2ランが飛び出すなど援護した。今井は、令和に入ってから完封勝利12球団一番乗りとなった。

 今井は初回、2死から浅村に右前打を許すも無失点。その裏、秋山の5号ソロで先制点をもらうと、2回は先頭から2四球を与えたが、後続を断った。3回は3者凡退。4回は先頭の島内に四球もウィーラーを併殺に仕留めて2人で攻撃を終わらせると、5回は再び3者凡退に仕留めた。6、7、8回はヒットや四球で走者を出しながら無失点。9回もマウンドに上がると、3人で終わらせてプロ初完封。130球を投げきり、12球団で令和初完封を達成した。

 打線は4回にメヒアのタイムリーで追加点を奪うと、6回は山川が貴重な13号2ラン。西武が快勝した。楽天は今井に抑え込まれ、4連敗となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」