野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 「心配ない。任せて」―バエス、謝罪したダルビッシュを救う宣言通りの決勝弾

「心配ない。任せて」―バエス、謝罪したダルビッシュを救う宣言通りの決勝弾

カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、本拠地カージナルス戦に先発したものの、4回0/3を6安打5四球4奪三振、今季ワースト5失点という結果に終わった。同点に追いついた直後の連続四球で降板という厳しい“結末”だったものの、カブスは8回にバエスが決勝弾を放ち6-5で勝利。その裏にあった“秘話”をダルビッシュ自身が明かしたと米記者が伝えている。

カブス・ダルビッシュ有(左)、ハビアー・バエス【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有(左)、ハビアー・バエス【写真:Getty Images】

5失点のダルビッシュとバエスの“秘話”「すごいストーリー」

■カブス 6-5 カージナルス(日本時間5日・シカゴ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、本拠地カージナルス戦に先発したものの、4回0/3を6安打5四球4奪三振、今季ワースト5失点という結果に終わった。同点に追いついた直後の連続四球で降板という厳しい“結末”だったものの、カブスは8回にバエスが決勝弾を放ち6-5で勝利。その裏にあった“秘話”をダルビッシュ自身が明かしたと米記者が伝えている。

 ダルビッシュは1点リードの2回にマルティネスに同点ソロを浴びると、3回にはカーペンターに勝ち越しの適時二塁打を浴びた。さらに、4回にはピッチャーのワカ、カーペンターにタイムリーを浴びて5失点。しかし、その裏にデービスが満塁弾を放ち、試合を降り出しに戻した。

 ところが、ダルビッシュは5回に先頭デヨング、オズナに四球を与えて降板。チームのムードが高まったところでの連続四球で、本拠地にはブーイングも起こった。それでも、救援陣が後続を断つと、8回にバエスが決勝弾。カブスにとっては貴重な勝利となった。

 MLB公式サイトでカブス番を務めるジョーダン・バスティアン記者は、ダルビッシュが降板直後にバエスに謝罪していたと自身のツイッターで報告。しかし、バエスは「心配ない」と答えていたという。

「ダルビッシュは土曜日の試合で降板した後、バッティングケージにバエスがいるのを見て、チームの期待に応えられなかったことを謝罪した。

ユウ『打線が懸命に追いついてくれたのに申し訳ない。彼(バエス)は“心配ないよ。僕に任せて”と言ったんだ』

その後、バエスは8回にチームを勝利に導く本塁打を放った。

ユウ『ワォ。すごいストーリーだ』」

 バスティアン記者はツイッターでこのように報告している。宣言通り、勝利に導く決勝弾を放ったバエス。チーム、そしてダルビッシュを救う一発となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」