野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 激白12分間! 大谷翔平の一問一答、今明かすリハビリ中の胸中「辛いとは思わなかった」

激白12分間! 大谷翔平の一問一答、今明かすリハビリ中の胸中「辛いとは思わなかった」

エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、敵地タイガース戦で「3番・DH」でメジャー復帰。4打数無安打1打点1四球2三振とヒットは出なかったが、チームは5-2で勝利した。

復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

術後7か月に及ぶリハビリ「普通のオフ」「つまずくことはなかった。嫌な気持ちにならなかった」

■エンゼルス 5-2 タイガース(日本時間8日・デトロイト)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、敵地タイガース戦で「3番・DH」でメジャー復帰。4打数無安打1打点1四球2三振とヒットは出なかったが、チームは5-2で勝利した。

 昨年10月の右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)のリハビリを乗り越え、219日ぶりの先発でフル出場した。空振りした場面ではヘルメットを飛ばすほどの豪快なスイング。初出塁した9回には右肘に黒い固定具を付けて走塁する場面もあった。

 試合後の日本メディア向けの会見で12分間、終始充実した表情で振り返った。

――初回の第1打席に立った時の気持ちを振り返って。
「特に自分が今年開幕とかというのはなく、しっかりそこで結果を出したいなという感じかなと思います」

――試合と実戦形式練習の違いを感じたか。
「違いはそこまで感じなかったですね。ただ、ゲームの中でランナーがいたりとか、(シフトで)ポジションが変わっていたりとかはするので、そういうところは感じますけど。特にライブBP(実戦形式の打撃練習)との違いは感じなかったと思います」

――試合の収穫はあったか。
「まず勝ったことと、あとは1打席目から最後の打席まで、しっかり色々考えながらできたのは良かった。明日にそれをつなげていければ。明日の方が今日よりいい打席になるんじゃないかと思います」

――219日ぶりの復帰戦。あえて一言で表現するとすれば。
「楽しかったですね。無事終わって。明日はわからないですけど、また明日迎えられそうなので。そこはよかったかなと。ちょっと安心もしています」

――打席を積む度に対応力が上がる実感はあったか。
「ただ打線の中で去年とはメンバーも違いますし、どの程度、自分にどう勝負してくるかは変わってくる。1試合1試合やっていければ、必ず良くなるかなと思います」

――7回の第4打席の三直は捉えた感触はあったか。
「ヒットになってないので、捉えた感じはないですけど、それよりも最後の(9回の)打席のほうが僕的にはよかった。ああいう打席を積み重ねていけば4打席目もヒットになる。結果は欲しいんですけど、やることだけやっていれば大丈夫かなと思います」

――リハビリ期間中で最も支えになったものは。
「特にないですね。いつか出られるだろうと思ってやってましたし、早く出たいと思ってやっていたので。リハビリ中にそこまでつまずくことはなかったので、あんまり嫌な気持ちになることはなかったかなと思います」

――打席に入る中で重要にした部分は。
「結果を出しにいくのはもちろんいくんですけど、どういう感じで見えているのが一番。どういうふうに投手を見てて、打てそうな感じを自分の中で持てるか」

――トラウトの後の3番を打つ。
「去年の後も何回かは打ったんですけど、必ずほぼ確実に塁に出てくるので、僕さえしっかりつなげれば後ろもシモンズ選手も控えてますし、必ずいい巡りになって大量点になってくれるかなと思う。そこを意識してしっかりやれたらチームは必ず勝てると思っています」

――イチローさんが引退された後のシーズンになる。
「まだ直接お会いはしてないですけど、引退会見を見ましたし、ありがたいお言葉をいただいたので、それを自分で糧にして頑張りたいなという気持ちはもちろんあります」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」