野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷翔平の復帰戦で「主役の座を奪った」 新人が「エグいスライダー」で初勝利

大谷翔平の復帰戦で「主役の座を奪った」 新人が「エグいスライダー」で初勝利

昨年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を受けたエンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でフル出場した。219日ぶりとなる待望のメジャー復帰戦は、4打数無安打1打点1四球2三振。快音を響かせることができなかった大谷に対し、この日先発のチームトッププロスペクト(若手有望株)グリフィン・キャニング投手は5回1/3を投げ、2失点の好投を披露。MLB公式サイトでは「大谷劇場を盗んだ」と報じている。

復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
復帰戦に臨んだエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大注目の大谷復帰戦で…チームNO2有望株のキャニングが初勝利

■エンゼルス 5-2 タイガース(日本時間8日・デトロイト)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 昨年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を受けたエンゼルスの大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、敵地タイガース戦に「3番・DH」でフル出場した。219日ぶりとなる待望のメジャー復帰戦は、4打数無安打1打点1四球2三振。快音を響かせることができなかった大谷に対し、この日先発のチームトッププロスペクト(若手有望株)グリフィン・キャニング投手は5回1/3を投げ、2失点の好投を披露。MLB公式サイトでは「大谷劇場を盗んだ」と報じている。

 メジャーファンが待ちわびた復帰戦。試合開始前は各メディアがこぞって特集し、“大谷祭り”状態となったが、そんな中でメジャー初勝利を挙げたルーキー右腕に称賛の声が集まっている。

「お待ちかねのシーズンデビューを果たしたエンゼルスの二刀流スター・オオタニは、火曜日夜の劇場のスターになると思われていた。だが、エンゼルスでトップのプロスペクト投手、グリフィン・キャニングが主役の座を奪った」

 記事ではこうレポート。2017年のドラフト2巡目でエンゼルスに指名されたキャニングは、キャリア2度目の先発で初白星を手にしたが、「エグいスライダーと90マイル中盤(95マイル=約153キロ)のファストボールを駆使し、5回を投げてわずか内野安打1つだけに抑えた」と称賛している。

 今季は右肘手術のリハビリのためにマウンドに上がることはない大谷。手薄な先発ローテーションに登場した新星が、この日の主役になったと地元メディアは評価している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」