野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「ボールは変わった?」 本塁打“乱発”のメジャーで投手たちが米紙に続々証言

「ボールは変わった?」 本塁打“乱発”のメジャーで投手たちが米紙に続々証言

メジャーリーグの本塁打数が記録的なペースで生まれており、公式球が変わったのではないかという“疑惑”が浮上している。果たして、真実なのか……。米全国紙「USAトゥデー」では、「MLBの球は変わったのか? 本塁打が記録的なペースで打たれ、投手たちはただ真実が知りたい」とのタイトルで特集を掲載。メジャートップレベルの投手たちの証言をもとに“検証”している。

ヤンキースのJA・ハップ(左)、レッドソックスのデビッド・プライス【写真:Getty Images】
ヤンキースのJA・ハップ(左)、レッドソックスのデビッド・プライス【写真:Getty Images】

公式球が変わったのではないかという“疑惑”に…ヤンキース左腕「数字が示してる」

 メジャーリーグの本塁打数が記録的なペースで生まれており、公式球が変わったのではないかという“疑惑”が浮上している。果たして、真実なのか……。米全国紙「USAトゥデー」では、「MLBの球は変わったのか? 本塁打が記録的なペースで打たれ、投手たちはただ真実が知りたい」とのタイトルで特集を掲載。メジャートップレベルの投手たちの証言をもとに“検証”している。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

 記事では、今季明らかに本塁打が増えているというデータを紹介。3、4月では計1144本塁打、1試合平均2.62本のホームランが飛び出しており、昨年比12.2%増だという。2017年には過去最高のシーズン6105本塁打が記録されたが、今季はそれを大きく上回る約6500本ペースだと指摘。さらに、MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」のデータをもとに“特大弾”の多さに言及し、ツインズ、マリナーズ、ブルワーズの3チームが、昨年ヤンキースが記録した267本を超えるペースでホームランを量産している一方、オリオールズは歴史的なペースで被弾を重ねているというデータも……。間違いなく、ホームランは増えているというのだ。

 では、ボールは飛ぶようになっているのか。「MLBは球の製造に変更はないと主張しているが、空気抵抗が減少したという調査結果が昨年発表され、その傾向は今年より明らかである」。同紙はこのように指摘。ヤンキースの左腕ハップは取材に対して「打者は打球を打ち上げれば、ほぼ毎回本塁打になる可能性があると思っている。今までは本塁打を打たれた時は分かったが、今はそうではない。打者が苛立って、下を向き、アウトになると思った時でも、本塁打になるんだ。言い訳をしているようだから、あまり話したくはないが、数字が示している」と明言している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」