野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、快投も物議を醸す ヤ軍ブーン監督“松ヤニ疑惑”に「確認する」

菊池雄星、快投も物議を醸す ヤ軍ブーン監督“松ヤニ疑惑”に「確認する」

マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に先発し、今季2勝目をあげた。メジャー9試合目の先発マウンドに上がった左腕は6回1死までヤンキース打線を無安打に封じる快投。6回1死から2本の安打と犠飛で失点したが、メジャー最長となる7回2/3を投げて3安打1失点と好投した。

2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

6回まで無安打、メジャー最長の7回2/3を投げて3安打1失点と快投

■マリナーズ 10-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)、敵地でのヤンキース戦に先発し、今季2勝目をあげた。メジャー9試合目の先発マウンドに上がった左腕は6回1死までヤンキース打線を無安打に封じる快投。6回1死から2本の安打と犠飛で失点したが、メジャー最長となる7回2/3を投げて3安打1失点と好投した。

 初回、先頭のルメイヒューに四球を与えた菊池だったが、そこから6回1死まで16者連続アウトに仕留める圧巻のピッチング。2回から4イニング連続で3者凡退に仕留め、ヤンキース打線に付け入る隙を与えなかった。6回1死から初安打を含む2本の安打と犠飛で1点を失ったものの、失点はこれだけ。メジャー最長となる8回途中まで投げて、7回2/3、3安打1失点の好投で2勝目をあげた。

 ほぼ完璧な投球を見せた菊池だったが、試合後に周囲で、とある“疑惑”が浮上した。菊池が帽子のツバに滑り止めの“松ヤニ”を使用しているのではないか、というもの。ヤンキースのアーロン・ブーン監督は「試合終盤で気づいた。そういう話がされているのが、私の耳に入った。8回頃に知らされた。後で確認してみる」と語った。

 この“疑惑”に米メディアも次々に反応し、物議を醸している。米メディア「the score」は「ヤンキース戦でマリナーズのキクチは“異物”を帽子に使用していたようだった」として記事を掲載。記事の中では「菊池の帽子のつばの裏側部分に、異物が使われているようだった。もし彼が、松ヤニやその他の異物を使って、試合中に不正な細工をしたことが発覚していたら、彼は直ちに退場となっていただろうし、その後に10試合の出場停止処分となっていたことだろう。MLBルールブックがそう記している」と指摘した。

 その一方で、NYメディア「ニューズデイ」のコラムニストであるデビッド・レノン氏は自身のツイッターで、ヤンキースナインたちの反応をレポート。それによると「ヤンキースの打者たちはキクチの帽子のつば部分の物質に関して、懸念を抱かなかった。キャメロン・メイビン『それは関係なかったと思うよ』オースティン・ロマイン『彼は帽子に何か付けていたっていうのかい?』」とし、さらに「これは(試合中に)チームがお互いにアピールするような事柄ではない。なぜなら、度合いの違いはあれど、みんなそうしているからだ」と記した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」