野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武土壇場で追いつく! 9回2死2ストライクから岡田が執念の代打同点タイムリー

西武が9日、県営大宮でのロッテ戦で9回に追いつき土壇場で試合を振り出しに戻した。

西武・岡田雅利【画像:(C)PLM】
西武・岡田雅利【画像:(C)PLM】

9回代打・岡田が執念の中前タイムリーを放ち同点に追いつく

■西武 – ロッテ(9日・県営大宮)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武が9日、県営大宮でのロッテ戦で9回に追いつき土壇場で試合を振り出しに戻した。

 1点を追う9回ウラ、2死一塁から秋山のショートゴロで試合終了かと思われたがこの打球を三木が捕球ミス。2死一、二塁とチャンスを広げると、代打・岡田が2ストライクからロッテ守護神・益田のカットボールをセンター前に運びこれが起死回生の同点タイムリーとなった。

 岡田は「何とか次につなごうという気持ちで打席に入りました。追い込まれていましたが、このような結果になってよかったです」とチームを救った一打を振り返っていた。しかし後続が倒れ一気に逆転とはならず、同点のまま試合は延長戦に突入している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」