野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ、4連勝で今季初貯金 13安打9得点、今季17勝のうち鷹から6勝

ロッテが12安打9得点と圧勝し、4連勝でついに貯金を1とした。10日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2回に3点、4回に4点とビッグイニングを作って、投打で首位ホークスを圧倒した。

2回に適時打を打ったロッテ・鈴木大地【画像:(C)PLM】
2回に適時打を打ったロッテ・鈴木大地【画像:(C)PLM】

ホークスは先発武田が2戦連続8失点で4回途中KO

■ロッテ 9-1 ソフトバンク(10日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ロッテが12安打9得点と圧勝し、4連勝でついに貯金を1とした。10日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。2回に3点、4回に4点とビッグイニングを作って、投打で首位ホークスを圧倒した。

 初回に内野ゴロの間に先制すると、2回には荻野の適時内野安打、鈴木の右前適時打などで3点を加えた。4回には井上、レアード、中村の3連続適時打などで大量4得点とリードを広げていった。鈴木はこの日3安打2打点と活躍した。

 先発の二木は大量リードにも守られて7回1失点の好投で3勝目。7回にグラシアルにソロ本塁打を浴びたものの、ソフトバンクを散発5安打に封じた。ロッテは今季、ソフトバンクと好相性。これで4連勝となり、今季7試合目の対戦で6勝1敗に。17勝16敗1分けで今季初の貯金1となったが、そのうち6勝はソフトバンクからあげている。

 ソフトバンクは先発の武田が3回2/3で10安打8失点と大炎上。打線もロッテ先発の二木を攻略できずに、グラシアルのソロでの1点のみに終わった。対ロッテ戦は4連敗で6敗目。敵地での2試合連続サヨナラ負けのあとは、本拠地で大敗し、3連敗となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」