野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム近藤、反撃ムード作る適時打も…惜敗に「ピッチャーに申し訳ない」

日本ハムの近藤健介外野手が9日、本拠地でのオリックス戦で適時打を放った。

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】
日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

野手の思いを代弁「楽な展開で投げられるようにしないと」

■オリックス 2-1 日本ハム(10日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの近藤健介外野手が9日、本拠地でのオリックス戦で適時打を放った。

 オリックスの先発・山本の前に打線が5回まで2安打と沈黙する中、意地を見せた。2点を追う6回2死から絶好調の2番・大田泰示外野手が左中間二塁打で出塁すると、カウント0-2と追い込まれながら外角球を左中間に弾き返す適時二塁打。反撃ムードをつくった3番打者は「(山本は全体的に)いいボールだったと思います。甘いボールを打てました」と振り返った。

 1-0の薄氷勝利を手にした前日から一転、1-2の惜敗に、もどかしい思いを抱える。「頑張っているピッチャーに申し訳ない。楽な展開で投げられるようにしないと。明日、切り替えてやります」と野手の思いを代弁した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」