野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ“最後のPL戦士”ドラ7中川がプロ1号 先輩今江にド緊張「雲の上の存在なので」

オリックスの中川圭太内野手が10日、ほっともっと神戸での楽天戦でプロ1号ホームランを記録した。試合前にはPL学園の大先輩・楽天今江に挨拶し「めっちゃ緊張しました。雲の上の存在なので」と恐縮しきりだった。

楽天戦でプロ1号ホームランを放ったオリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】
楽天戦でプロ1号ホームランを放ったオリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】

5回に左翼席へプロ1号も「少しこすっていた」

■オリックス 8-6 楽天(10日・ほっと神戸)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 オリックスの中川圭太内野手が10日、ほっともっと神戸での楽天戦でプロ1号ホームランを記録した。試合前にはPL学園の大先輩・楽天今江に挨拶し「めっちゃ緊張しました。雲の上の存在なので」と恐縮しきりだった。

 “最後のPL戦士”が待望の一発を放った。2点リード5回1死走者なしで迎えた第3打席。楽天・美馬が投じた141キロの直球に「少しこすっていた」と、高々と舞い上がった打球は左翼席に飛び込むプロ1号となった。それほど実感もなく「ホームベースまで一瞬でした」と笑顔を見せた。

 この日の試合前にはPL学園の大先輩・今江にプロ入り後初めて挨拶。三塁ベンチ前に姿を見せた今江を発見すると猛ダッシュで駆け付け「緊張しました。雲の上の存在なので。『PL最後か?』とか『何期生?』と高校の話をしました」と先輩との交流を振り返っていた。

 入団会見ではPL学園の復活を信じ活躍することを掲げていたが「まだ1本でどうこうなる問題じゃないので。これからが大事です」と更なる活躍を誓っていた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」