野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 3つの広がりを獲得したスライダー…菊池雄星、“聖地”での快投を支えたもの

3つの広がりを獲得したスライダー…菊池雄星、“聖地”での快投を支えたもの

マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)の敵地ヤンキース戦で、8回途中までを3安打1失点に抑える好投で今季2勝目を挙げた。8人の右打者を揃えた相手打線を6回1死まで無安打に封じる投球は、立ち上がりにつまずきかけた直球主体を切り替えた「組み立ての妙」が奏功したものだった。

ヤンキース戦で今季2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
ヤンキース戦で今季2勝目を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

「組み立ての妙」が奏功、敵地ヤンキース戦で8回途中3安打1失点の好投

■マリナーズ 10-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 マリナーズの菊池雄星投手が8日(日本時間9日)の敵地ヤンキース戦で、8回途中までを3安打1失点に抑える好投で今季2勝目を挙げた。8人の右打者を揃えた相手打線を6回1死まで無安打に封じる投球は、立ち上がりにつまずきかけた直球主体を切り替えた「組み立ての妙」が奏功したものだった。

 潔さが自分の投球を引き出していった。

 1回裏の立ち上がり。直球で押していく意識が明らかに見えた。1番ルメイヒューを四球で歩かせた投球は6球のうち5球がそれだった。前回3日(同4日)のインディアンス戦でメジャー自己最速の97マイル(約157キロ)を計測し自信を深めた軸球が、この日は精度を欠きばらついた。

「僕自身も追いかけ過ぎてちょっとブルペンから力みがちで、そのままの流れで初回入ってしまって。もう今日は真っ直ぐは諦めようと初回で感じて。カーブ、スライダーに切り替えました」

 スライダーを軸として今季最も多い26球のカーブを配し、チェンジアップも最多の10球を組み込みヤンキース打線を翻弄。春のキャンプで「自分の投球の70%を占める直球とスライダーを磨いていく」と話した得意球は、前々回4月26日の“1イニング限定先発”で、カウントを稼ぐものと三振を奪うものとを分ける指先の力加減を調節するコツをつかんだ。さらに、3日の登板では「日本時代には1度も投げたことがない」という右打者の外角を狙うバックドアに挑戦し三振も奪った。3つの広がりを獲得したスライダーを自在に操れるようになったことが、今季2勝目を導いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」