野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹が乳がん検診を呼びかけ ロッテ鳥越コーチも参加し訴え「とにかく検診に」

ソフトバンクは11日と12日のロッテ戦で女性ファン向けイベント「タカガールデー」を開催する。今年も認定NPO法人ハッピーマンマとのコラボで乳がん早期発見の啓発を目的にするピンクリボン運動に協力している。この活動は今年で11回目を迎える。

練習後にグッズを配布したソフトバンク3選手とロッテ・鳥越コーチ【写真:藤浦一都】
練習後にグッズを配布したソフトバンク3選手とロッテ・鳥越コーチ【写真:藤浦一都】

中村晃は1勝につき2万円を寄付、鳥越コーチは「勝ってもらっても困る…」

■ソフトバンク – ロッテ(11日・ヤフオクドーム)

【動画】「僕もあんな球を投げてみたい」 MLBの“鬼才”右腕がソフトバンク・千賀のフォークを大絶賛

 ソフトバンクは11日と12日のロッテ戦で女性ファン向けイベント「タカガールデー」を開催する。今年も認定NPO法人ハッピーマンマとのコラボで乳がん早期発見の啓発を目的にするピンクリボン運動に協力している。この活動は今年で11回目を迎える。

 この日の練習後には、事前申し込みのファンを対象に本多コーチ、森唯斗、甲斐野央の3人がピンクリボン運動の啓蒙グッズ(付箋、A5サイズのクリアファイルなど)を配布した。また愛妻を乳がんで失い、ホークス在籍時から同活動に人一倍の思いを抱いているロッテ・鳥越裕介ヘッドコーチも2年ぶりに参加し「とにかく検診に行ってください」と早期発見を強く訴えた。

 現在、2軍でリハビリ中の中村晃は、チームの1勝につき2万円をハッピーマンマに寄付する運動を進めているが、それを聞いた鳥越コーチは「(ソフトバンクに)勝ってもらっても困るので、ロッテがソフトバンクに勝った場合は、僕が個人的に2万円を寄付します」とサプライズの寄付宣言を行った。

 また、両日はヤフオクドーム前(5ゲート階段下)に乳がん検診バスが登場。事前予約のほか、当日も空きがあれば無料で受診できるという。球団はピンクリボンをモチーフとしたグッズ収益金の一部をハッピーマンマに寄付。その寄付金の一部が両日の乳がん検診バスの運用に活用されている。

 ソフトバンクの監督・コーチ・選手は両日に限りピンクリボンユニフォーム、同ヘルメット、同キャップを着用して試合に臨むほか、ネクストバッターズサークルや内野ベースもピンクリボン仕様となる。さらにホークスビジョンのスコアボードもピンクデザインに変更される。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」