野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹千賀、謎の“怪”投…自己ワースト7四球&2暴投も、6回5安打2失点で勝ち投手権利

ソフトバンクの千賀滉大投手が11日、ヤフオクドームでのロッテ戦で先発し、大荒れの投球を見せた。制球は乱れに乱れて自己ワーストとなる7四球に、2つの暴投。毎回のように走者を背負い、ピンチを招いたが、それでも、力でねじ伏せて6回5安打2失点に封じた。

6回2失点で降板したソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】
6回2失点で降板したソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】

毎回与四球で7四球も窮地で踏ん張り続けて2失点

■ソフトバンク – ロッテ(11日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの千賀滉大投手が11日、ヤフオクドームでのロッテ戦で先発し、大荒れの投球を見せた。制球は乱れに乱れて自己ワーストとなる7四球に、2つの暴投。毎回のように走者を背負い、ピンチを招いたが、それでも、力でねじ伏せて6回5安打2失点に封じた。

 なんとも摩訶不思議な投球だった。千賀は初回、荻野、鈴木の連打、角中への四球でいきなり無死満塁のピンチを招いた。井上の三ゴロ併殺打の間に先制を許したが、なんとか最少失点で切り抜けたがその後も苦しい投球が続いた。味方が逆転した直後の2回も先頭の中村奨に四球を与えてピンチを招いた。

 3回、4回にも1つずつ四球、5回にも2つの四球を与えた千賀。5回で100球に到達していたが、6回も続投すると、この回も先頭の清田にこの日7個目の四球。続く田村のバスターエンドランに今宮の悪送球が絡んで一、三塁とされたが、ここも犠飛による1点のみに凌いだ。

 千賀は結局、毎回与四球で自己ワーストとなる7四球、さらに2つの暴投もあって6回を投げて130球。それでも、6安打2失点にまとめ、勝ち投手の権利を持ったままリリーフ陣に後を託した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」