野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【長谷川滋利の目】“松ヤニ疑惑”で物議、滑り止めは暗黙の了解? 「グレーな部分はたくさん」

マリナーズの菊池雄星投手は8日(日本時間9日)に行われたヤンキース戦で8回途中1失点と好投し、今季2勝目を挙げた。移籍後、一番ともいえる好投だったが、米メディアなどは菊池が帽子のツバの裏に“滑り止め”を付けていたのでは?と伝え、この“松ヤニ疑惑”が物議を醸した。

オリックス、マリナーズ、エンゼルスで活躍した長谷川滋利氏【写真:本人提供】
オリックス、マリナーズ、エンゼルスで活躍した長谷川滋利氏【写真:本人提供】

菊池雄星は9日のヤンキース戦で2勝目を挙げたが、米メディアからは“松ヤニ疑惑”が…

 マリナーズの菊池雄星投手は8日(日本時間9日)に行われたヤンキース戦で8回途中1失点と好投し、今季2勝目を挙げた。移籍後、一番ともいえる好投だったが、米メディアなどは菊池が帽子のツバの裏に“滑り止め”を付けていたのでは?と伝え、この“松ヤニ疑惑”が物議を醸した。

 メジャーではこれまで松ヤニなど滑り止めを使用し、出場停止処分を受けた選手も多々存在する。オリックス、マリナーズ、エンゼルスで日米通算102勝をマークした長谷川滋利氏が自身のメジャー時代を振り返り、“滑り止め”、メジャー球の見解を語った。

――――――――――

 菊池はヤンキース打線をほぼ完璧に抑える好投を見せました。向こうのメディアでは映像など色々と“証拠”を出して騒いでいましたが、選手、首脳陣らチームはどうだったでしょうか? コメントを見る限りでは菊池を追求するようなことはなかったはずです。

 松ヤニを使っていたか、使ってなかったかの問題は置いておいて、私がメジャーで投げていた時の話を前提にここでは説明したいと思います。当時から、“暗黙の了解”で使っているとされている投手は多かった。皆さんもご存知の通りメジャーのボールは滑りやすいですから。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」