野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、CY賞左腕スネルに投げ勝ち3勝目 NYメディア称賛「スポットライトを奪う」

田中将大、CY賞左腕スネルに投げ勝ち3勝目 NYメディア称賛「スポットライトを奪う」

ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、敵地レイズ戦に先発し7回5安打1失点、7奪三振の好投で今季3勝目を挙げた。昨季のサイ・ヤング賞左腕スネルに投げ勝った右腕に地元NYメディアは称賛の嵐だった。

レイズ戦に先発し3勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:AP】
レイズ戦に先発し3勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:AP】

7回1失点、わずか73球の快投劇で3勝目、地元メディアも称賛の嵐

■ヤンキース 7-1 レイズ(日本時間13日・タンパ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、敵地レイズ戦に先発し7回5安打1失点、7奪三振の好投で今季3勝目を挙げた。昨季のサイ・ヤング賞左腕スネルに投げ勝った右腕に地元NYメディアは称賛の嵐だった。

 初回から5回まで毎回奪三振の快投。課題とされていたスプリットが安定しスライダーも低めに集めレイズ打線を圧倒。6回1死からメドウズに一発を浴びたが失点は1点のみ。わずか73球、今季5度目のクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)と安定した投球を見せ3勝目を手にした。

 田中の快投劇を地元メディアも一斉に報じた。「NYポスト」は「マサヒロ・タナカが奇妙なヤンキースの勝利でスポットライトを奪う」と見出しを付けレポート。記事では9回に球場の照明が突如停電し43分の中断があったことを交え「スネルに匹敵する投球を必要としていた日に、右腕はそれ以上の投球をし、ヤンキースを7-1の勝利に導いた」と称賛。

 さらに地元紙「ニューズ・デイ」も「ア・リーグのサイ・ヤング賞ブレイク・スネルに投げ勝った」と伝え、7回を73球と省エネ投球を見せた右腕を「6イニングで69球しか要さず、7回にはまた効率的な投球をし、4球で3人をゴロに打ち取った」と最後まで安定した投球を見せた右腕を称えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」