野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 因縁対決で被弾→次打者に“報復死球”!? 相手右腕にサバシアも呆れ顔「愚か」

因縁対決で被弾→次打者に“報復死球”!? 相手右腕にサバシアも呆れ顔「愚か」

ヤンキースは12日(日本時間13日)、敵地レイズ戦に7-1で勝利。田中将大投手が7回わずか73球、5安打1失点7奪三振と快投し、首位レイズに0.5ゲーム差に迫った。大事な首位攻防戦に勝ち越したが、昨季からの“遺恨”は続いているようだ。

ヤンキースのCC・サバシア【写真:Getty Images】
ヤンキースのCC・サバシア【写真:Getty Images】

ボイトへの死球に…米メディアも「確かに違和感のあるタイミング」

■ヤンキース 7-1 レイズ(日本時間13日・タンパ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースは12日(日本時間13日)、敵地レイズ戦に7-1で勝利。田中将大投手が7回わずか73球、5安打1失点7奪三振と快投し、首位レイズに0.5ゲーム差に迫った。大事な首位攻防戦に勝ち越したが、昨季からの“遺恨”は続いているようだ。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」では、この3連戦の「死球」に焦点を当てて特集を掲載。ヤンキースが今季19個の死球を受けており、そのうち5個がボイトに対するものだと紹介した上で、この3連戦の第2戦の11日(同12日)でも、救援のヨニー・チリノスにぶつけられたと振り返っている。ボイトへの死球はチリノスが前の打者のルメイヒューにホームランを浴びた直後のものだった。

 さらに、続くガードナーが遊ゴロ併殺打に倒れた後、サンチェスも死球。被弾に対する“報復”とも取れる行為に、記事では「もしチリノスが、ルメイヒューに打たれたホームランに対して、ボイトとサンチェスに(死球を当てて)リベンジする意図があったとすれば、彼は確かに違和感のあるタイミングを選んだことになる」と言及している。

 両チームには、昨シーズンから因縁があった。昨年9月27日の一戦で、ヤンキース捕手のロマインが頭部付近にビーンボールを浴びると、直後の6回にサバシアがレイズのスクレに死球を与えて、“報復死球”として退場に。これがシーズン最終登板だったサバシアは、あと2イニングを投げれば出来高50万ドル(約5480万円)を獲得できていたため、チームメートを守る“男気”として話題となっていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」