野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、特大1号を浴びたツインズエースは…「彼は素晴らしい闘志の持ち主。楽しかった」

大谷翔平、特大1号を浴びたツインズエースは…「彼は素晴らしい闘志の持ち主。楽しかった」

エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放った。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場した大谷。1点差で迎えた3回の第2打席、復帰26打席目で待望の一発が飛び出した。この日、大谷は9回の第5打席でも右前安打を放ち、2安打1本塁打2打点。4度出塁し、チームも快勝した。

第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(手前が投手のベリオス)【写真:Getty Images】
第2打席で今季1号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(手前が投手のベリオス)【写真:Getty Images】

ここまで6勝をあげるベリオス「内角に投げようとしたんだけど…」

■エンゼルス 5-4 ツインズ(日本時間14日・ミネソタ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ツインズ戦で復帰後初アーチとなる逆転の1号2ランを放った。2試合ぶりに「3番・DH」でスタメン出場した大谷。1点差で迎えた3回の第2打席、復帰26打席目で待望の一発が飛び出した。この日、大谷は9回の第5打席でも右前安打を放ち、2安打1本塁打2打点。4度出塁し、チームも快勝した。

 229日ぶりの一発は大谷らしい逆方向への特大弾となった。3回無死三塁のチャンスで第2打席に立った。3ボール1ストライクからの5球目。ツインズのエース右腕ベリオスが投じた、真ん中付近に入った真っ直ぐを捉えた打球は快音を響かせた。

 昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦で放って以来の一発は、バックスクリーン左へ飛び込む逆転2ラン。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度111.6マイル(約178.6キロ)、飛距離429フィート(約130.8メートル)の特大の一発となった。

 大谷に一発を浴びたべリオスはここまで6勝をマークしているツインズの若きエース。試合後、特大弾を浴びた大谷との対戦を振り返り「(対戦は)楽しかったね。彼は素晴らしい競争相手だよ。今日は楽しかった」と語った。

 右腕はこの試合まで3試合連続無四球だったが、この日は制球に苦しみ、3つの四球を与え、エンゼルス打線に今季ワーストの12安打を浴びた。大谷に対しても、ボールが先行して不利なカウントに。3ボール1ストライクから甘いところに入った真っ直ぐを弾き返された。

「内角に投げようとしたんだけど、真ん中にいってしまって、ホームランを打たれてしまったんだ。失投してしまったよ」と語ったベリオス。大谷に手痛い一発を食らい、6回途中12安打5失点で敗戦投手に。4月14日のタイガース戦から続けてきた自身の連勝も5で止まった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」