野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、今季初猛打賞の3安打1打点に手応え 「返すのも仕事、 塁に出るのも仕事」

大谷翔平、今季初猛打賞の3安打1打点に手応え 「返すのも仕事、 塁に出るのも仕事」

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。試合後は「凡打した打席も内容があってよかった。返すのも仕事、塁に出るのも仕事」と振り返った。

敵地ツインズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地ツインズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

第2打席ではメジャー通算100安打となる中前打

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。試合後は「凡打した打席も内容があってよかった。返すのも仕事、塁に出るのも仕事」と振り返った。

 第1打席は強烈な当たりも好守に阻まれ三ゴロに倒れたが、好調のバットは健在だった。第2打席で打球速度175キロの強烈な中前打を放ちメジャー通算100安打を記録すると、6回1死二塁で迎えた第3打席は中前タイムリーを放ち3試合連続打点をマーク。さらに8回の第4打席は快足を飛ばし投手内野安打で今季初の猛打賞を記録した。

 一方で8回2死一、二塁の場面ではグッドウィンの中前打で二走の大谷は一気にホームを狙ったが際どいタイミングでタッチアウトになるなど2度の走塁死も経験。走塁のブランクを問われたが「前後に打つバッターが誰かにもよる。シフトによっていけるいけない。ブランクというより、状況をしっかり把握して自分の足と噛み合わせながら、行けるところ、行けないところを変えていくことは大事」と今後の課題も口にしていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」