野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、3安打1打点の今季初猛打賞に指揮官絶賛 「彼は問題ない」

大谷翔平、3安打1打点の今季初猛打賞に指揮官絶賛 「彼は問題ない」

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。チームは3-4で敗れたがブラッド・オースマス監督は「昨日のようにホームランを打ったわけではないが、彼は問題ない」と称えた。

8回にホームを狙ったがタッチアウトになったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
8回にホームを狙ったがタッチアウトになったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第2打席ではメジャー通算100安打となる中前打

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。4打数3安打1打点と今季初の猛打賞をマークし打率は.321に上昇した。チームは3-4で敗れたがブラッド・オースマス監督は「昨日のようにホームランを打ったわけではないが、彼は問題ない」と称えた。

 大谷は第1打席で三ゴロ、第2打席は打球速度175キロの強烈な中前打を放ちメジャー通算100安打を記録。6回1死二塁で迎えた第3打席は中前タイムリーを放ち3試合連続打点をマークすると、8回の第4打席は快足を飛ばし投手内野安打で今季初の猛打賞を記録した。

 同点のチャンスが訪れたのは1点を追う8回。大谷の内野安打などで2死一、二塁の好機を作るとグッドウィンの中前打で二走の大谷は一気にホームを狙ったがタッチアウト。際どいタイミングだったがオースマス監督はチャレンジを使用せず「そうすることも可能だったが。映像で何回も確認したが、結論としては彼は明らかにアウトだった」と説明した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」