野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大谷翔平と交錯→負傷交代のツインズ捕手 軽症を願う声続々「僕の足をあげる」

大谷翔平と交錯→負傷交代のツインズ捕手 軽症を願う声続々「僕の足をあげる」

14日(日本時間15日)のツインズ戦で今季初の猛打賞となる3安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「3番・DH」でスタメン出場すると、6回1死二塁の第3打席で中前適時打を放つなど、4打数3安打1打点と出場3試合連続マルチ安打、今季初の猛打賞で打率は.321まで上昇した。

大谷と交錯し負傷交代したツインズのミッチ・ガーバー【写真:Getty Images】
大谷と交錯し負傷交代したツインズのミッチ・ガーバー【写真:Getty Images】

8回1死一、二塁でグッドウインの中前安打で大谷が本塁に突入するも…

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 14日(日本時間15日)のツインズ戦で今季初の猛打賞となる3安打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手。「3番・DH」でスタメン出場すると、6回1死二塁の第3打席で中前適時打を放つなど、4打数3安打1打点と出場3試合連続マルチ安打、今季初の猛打賞で打率は.321まで上昇した。

 バットでは輝きを放った大谷だが、走塁ではミスが出た。6回1死一塁で続くシモンズが右前安打。大谷は一度、二塁ベースを蹴ったが、二、三塁間で一度ストップ。送球に目を向けると、再び三塁に向かってスタートを切ったが、間に合わずにタッチアウトとなった。

 さらに8回1死一、二塁でグッドウインが中前打で、二塁走者の大谷は一気に本塁を狙った。だが、ここは中堅バクストンが本塁へ好返球。間一髪のところでホームインを阻まれ、アウトとなってしまった。

 この本塁クロスプレーでは、大谷がスライディングした右足と、ツインズの捕手ガーバーの左足の爪先が交錯。ガーバーの左足が大谷の右足に持っていかれるようになった。その場にうずくまったガーバー。大谷は心配げに歩み寄り、声をかけた。ガーバーは自力で歩くことができず、トレーナーらに肩を借りてベンチへと退いた。

 この日の試合後、ツインズの公式ツイッターが「今夜は4-3でツインズがエンゼルスに勝利」と試合での勝利を報告すると、大谷との交錯で負傷交代したガーバーを心配するファンの声が殺到した。

「僕の足をガーバーにあげるよ」

「野球の神様、どうかガーバーの怪我は一カ月以上になりませんようにお願いします」

「良い勝利。ガーバーの無事を祈っているよ」

「けど彼らはガーバーをしばらく失ってしまったかもしれないね」

「ガーバー(涙の絵文字)」

「どうかガーバーのアップデートを早急にファンに共有してください」

「足首が折れてしまっているように見えるね。そうでないと祈っているよ」

「ガーバーのために祈ろう」

 双方の全力プレーの末の不測のアクシデントとなった本塁クロスプレー。ガーバーの軽症と早期復帰を願いたいところだ。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」