野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島緒方監督「さすがカープの4番!」サヨナラ弾含む4安打5打点の鈴木を絶賛

広島は15日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に9-7でサヨナラ勝ちし、4連勝で2位タイに浮上した。9回に4点差を追いつき、延長戦の末に鈴木のサヨナラ2ランで4時間24分の激戦に終止符を打った。今季一番とも言える劇的な逆転勝利に、緒方監督は「さすがカープの4番」と4安打5打点の主砲を絶賛した。

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

「今季もすごい試合をしてくれている」とナインへの称賛止まず

■広島 9-7 ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は15日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に9-7でサヨナラ勝ちし、4連勝で2位タイに浮上した。9回に4点差を追いつき、延長戦の末に鈴木のサヨナラ2ランで4時間24分の激戦に終止符を打った。今季一番とも言える劇的な逆転勝利に、緒方監督は「さすがカープの4番」と4安打5打点の主砲を絶賛した。

 先発の大瀬良が6回4失点でリードを許して降板し、7回は開幕から連続無失点を続けていたレグナルトが打たれて3失点。2-7となって勝敗は決したかと思われた。しかし、8回に鈴木のソロで1点を返すと、9回にはヤクルト7番手の梅野から2本のタイムリーと押し出し四球で4点を奪って同点に。延長戦に入り、鈴木が4打席連続打点となるサヨナラ2ランを放って決着が付いた。

 試合後、やや興奮した様子で報道陣の前に姿を見せた緒方監督は「選手全員がみんな頑張ってくれた。9回の(同点に追いついた)押し出し四球も、前のバッターがつないだ結果。今季もすごい試合をしてくれている。それしかないでしょう」とナインへの称賛が止まらなかった。

 今季は先行逃げ切りが勝ちパターンとなっていたが、リーグ3連覇時にしばしば見られた劇的勝利を思い起こさせるような大逆転劇だった。「全員が全員、状態がいいわけじゃないけど、いいパフォーマンスができなくてもつないでいったり、全体で攻撃できている。こういう粘り強い野球をして、これからもいい試合を続けていきたい」と、最後まで指揮官は饒舌だった。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」