ブルージェイズ右腕がMLB新記録の14球団登板を達成! 35歳ベテランが快挙

ジャイアンツ戦に登板したブルージェイズのエドウィン・ジャクソン【写真:Getty Images】
ジャイアンツ戦に登板したブルージェイズのエドウィン・ジャクソン【写真:Getty Images】

16日のジャイアンツ戦に先発し5回3失点で勝敗つかず

■ジャイアンツ 4-3 ブルージェイズ(日本時間16日・サンフランシスコ)

 ブルージェイズのエドウィン・ジャクソン投手が15日(日本時間16日)、敵地ジャイアンツ戦に先発し5回6安打3失点(自責2)で勝敗つかず。これで14球団目の登板となりMLB新記録となった。ジャクソンは11日(12日)にアスレチックス傘下3Aからブルージェイズに移籍していた。

 2001年のドラフト6巡目でドジャースに入団したジャクソンは今季でプロ19年目となるが、ブルージェイズ移籍で、実に14球団目のユニホームを着ることになった。

 2006年にレイズに移籍すると、その後、タイガース、ダイヤモンドバックス、ホワイトソックス、カージナルス、ナショナルズ、カブス、ブレーブス、マーリンズ、パドレス、オリオールズ、ナショナルズ、アスレチックスと渡り歩き、それぞれでメジャーのマウンドに上がってきた。今回の登板で14球団目となりメジャー記録を更新した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY