野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 圧巻5勝目、前田健太の一問一答「思い通りに」「いいバッティングができた」

圧巻5勝目、前田健太の一問一答「思い通りに」「いいバッティングができた」

ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、今季5勝目をマークした。6連続三振を含む今季最多の12個の三振を全て空振りで奪い、6回2/3を投げて3安打無失点。打っても、この日の全得点を叩き出す先制の2点適時打を放つなど、2安打2打点。メジャー初マルチ安打を記録して投打で大活躍した。

自身初のマルチ安打に「もっと打っていると思っていた」

――マルチ安打は初めて。
「もっと打っていると思っていたんですけどね。意外と打ってなかった。1本打つとちょっと満足する傾向があるんで、満足せずに打てるように頑張ります」

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

――交代を告げに来た監督にブーイング。
「ファンの人がブーイングしてくれたのはありがたいことですけど、試合で勝ったのでベストなタイミングだったかもしれない。あそこでランナーを出したことがいけなかった。仕方ないですけど、ブーイングと拍手は嬉しいことでした」

――スライダーのキレが良かった。
「久しぶりにバッターを空振りに取る感覚というか、工夫できたというか、今まではこういう感覚はなかった。いい時は今日みたいにスピードだったり、変化の大きさにいろいろ工夫できたり、ボール球をうまく振らせることができる。それができた。感覚が良かったし楽しかった」

――85球のうち64球がストライクだった
「どんどんストライクを投げていくことが大事。悪いときは四球を出したりとかランナー貯めたり、良く無い傾向だった」

――打つ方でも活躍。技術を見せた?
「技術ってことにしといてくれれば(笑)。追い込まれていたので、当てれば何かが起こりますし、ああいう風にヒットになってランナーが返ってくることもある。三振すると何も起こらない。追い込まれていた食らいついていく。とにかくバットに当てて何かを起こそうと思っている。両方追い込まれていたので、いいバッティングができた」

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」