野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • “令和の怪物”大船渡・佐々木はなぜ投げずに敗退したのか 国保監督が思い語る

“令和の怪物”大船渡・佐々木はなぜ投げずに敗退したのか 国保監督が思い語る

春季岩手県大会1回戦が18日、岩手県内各地で行われ、今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希投手擁する大船渡がセンバツ出場経験のある釜石に4-5でサヨナラ負けを喫した。

敗退後、取材に応じる大船渡・佐々木朗希【写真:楢崎豊】
敗退後、取材に応じる大船渡・佐々木朗希【写真:楢崎豊】

指揮官が作りたい、もう一人の柱「和田が一生懸命、投げていた」

 春季岩手県大会1回戦が18日、岩手県内各地で行われ、今秋のドラフト1位候補・佐々木朗希投手擁する大船渡がセンバツ出場経験のある釜石に4-5でサヨナラ負けを喫した。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 佐々木は先発せず「4番・右翼」で出場した。先発したのは同じ3年生の背番号10の右腕・和田吟太投手。佐々木は最後までマウンドに立つことはなかった。

 その和田は初回から6連打を浴び、4失点。釜石打線も前日から佐々木対策をしてきたとあり、バットは振れていた。佐々木を早くマウンドに引っ張り出そうという気概が感じられた。

 2回以降は、和田が立て直し、好投を続けた。大船渡打線も2回に5番・木下大洋(3年)の2ランで反撃開始。何とか和田で行けるところまで行って、勝負所でエース佐々木を投入――。そんなシナリオが見え隠れしていた。

 5回、6回……と和田が相手打線を0に抑えた。8回には、ヒットと相手の失策でついに同点に追いついた。

 佐々木投入のタイミングは何度かあった。しかし、国保洋平監督は投球練習の指示を出すどころか、和田と心中することを選択した。

「和田が一生懸命、投げていた。勝ちを付けてあげたかったんです」

 投球練習もしなかったため、佐々木のけがの心配もあったが、それは完全に「ないです」と否定した。この試合で登板させる準備もしていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」