野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 平野佳寿
  • 平野佳寿、延長戦で痛恨の勝ち越しソロ被弾 今季2敗目を喫する

平野佳寿、延長戦で痛恨の勝ち越しソロ被弾 今季2敗目を喫する

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が19日(日本時間20日)、本拠地でのジャイアンツ戦で6番手として登板し、敗戦投手となった。

ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

6番手として登板も、延長10回に勝ち越しを許す

■ジャイアンツ 3-2 Dバックス(日本時間20日・アリゾナ)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が19日(日本時間20日)、本拠地でのジャイアンツ戦で6番手として登板し、敗戦投手となった。

 2-2の同点で迎えた延長10回にマウンドに上がった平野。先頭のサンドバルに1ボール2ストライクからの6球目、92マイル(約148キロ)の真っ直ぐを弾き返され、打球は左翼スタンドへ。痛恨の7号勝ち越しソロを浴びた。その後、2死から単打で走者を許したものの、後続は打ち取ったものの、その裏、味方が無得点に終わり、延長戦の末に敗れた。

 平野は今季2敗目。今季は21試合に登板して1勝2敗1セーブ、防御率は5.40となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」