野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、移籍後本拠地初勝利&今季3勝目なるか 初回3者凡退スタート

カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、本拠地フィリーズ戦に今季10度目の先発。初回を3者凡退に仕留める最高の立ち上がりを見せた。

カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

相手先発はダルビッシュが移籍すると同時にFAでカブスを去った元エースのアリエッタ

■カブス – フィリーズ(日本時間21日・シカゴ)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 カブスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、本拠地フィリーズ戦に今季10度目の先発。初回を3者凡退に仕留める最高の立ち上がりを見せた。

 先頭のマカッチェンを86.9マイル(約140キロ)のカットボールで3球三振、続くセグラを2球で中飛に仕留めると、ハーパーを右直に抑え3者凡退、10球で凌ぐ最高のスタートを切った。

 前回登板の15日(同16日)敵地レッズ戦では5回1/3、5安打無四球2失点、今季最多の11三振を奪う力投を見せたが、中継ぎ陣が同点に追いつかれ今季3勝目を逃していた。

 相手先発はダルビッシュが移籍すると同時にFAでカブスを去った元エースのアリエッタ。試合直前にはMLBスタッツ公式ツイッターが「カブス史上最高の投手の1人だったアリエッタが凱旋」と伝えるなど注目の1戦となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」